四十九日が休日でない場合は、四十九日前の休日に行われる方が多く見られます。法要は故人様を偲び、「故人様がいたから自分がいる」というつながりを再確認し、感謝の思いを新たにする場でもあります。ですから、ご親族のご都合を考え、なるべく多くの方に足を運んでいただける日程をお選びいただいた方がよろしいでしょう。