三月またぎがよくないと言われる理由は、語呂合わせからきていると言われています。

三月(みつき)

身付(みつき)

身に付く

不幸ごとが「身に付く」から、ご逝去から法要まで月を3つまたぐのはよくないという風習が生まれました。

三月またぎにならないよう、法要の日程を前倒しするご家族様もいますが、あくまでも慣習であり、ご家族様のお考えで法要の日程をお決めいただけます。

仏教では、ご逝去から四十九日法要の間を中陰と呼び、来世の行き先が決まるまで、故人様の魂があの世とこの世の間をさまよっている期間とされています。

法要までの時間は故人様に成仏していただくための、ご供養の期間でもあります。

法要を前倒しする場合は、ご逝去から35日目に行う法要「五七日忌」よりも前に行わないほうがよいでしょう。