白木位牌は、お寺様でお焚き上げによるご供養して差し上げてください。

菩提寺がある方は、菩提寺にご相談ください。菩提寺のない方は、お焚き上げをされているかどうか、最寄りのお寺様にご相談ください。

白木位牌は、四十九日の法要を迎えるまで、故人様の魂が宿る場所です。四十九日の法要で御霊移しを行い、故人様の魂は白木位牌から本位牌へ移られ、白木位牌は空になります。

空になったとはいえ、四十九日の間、白木位牌には故人様の魂が宿っていたのですから、ご供養されたほうがよろしいでしょう。

後飾り壇や白陶器のお線香立て、リンなどは、四十九日の法要を終えられた後、ご家族様の手で整理して差し上げてください。

お道具は燃えるもの、燃えないものに分け、白陶器やリンは外から見えないよう、紙袋などに収めていただければ大丈夫です。

整理される前に、お道具に対しても「お疲れ様でした」の意味を込めて、手を合わせていただければ、なお丁寧かと存じます。